カテゴリ:photo( 4 )
夕日が生み落とした景色
f0070077_15274448.jpg
 
北海道は日本海沿岸。岩内町という小さな町に雷電岬というところがある。あはん。
僕の祖父母が生まれ育ち、そして永眠した地である。幼少の頃、まだ尻の皮が新鮮だった頃、毎年のようにここを訪れ、威圧感さえ感ずる大胆に剥き出した自然の岩山を眺め、ちょいとびびりつつ、しかし何か神々しいものを感じながら垂れ落ちた鼻水を啜り上げていたものである。


f0070077_1528915.jpg

雷電岬には源義経の伝説が語り継がれている。「刀掛けの岩」ちゅうのがあり、これは追われの身となり蝦夷地まで逃れてきた義経が最後に訪れた地、この雷電で、最後に刀を置いた場所だと言われているのである。ほんで、ここに刀を置き、それ以降姿をくらましたといわれているのである。
ちなみに義経はこの地からモンゴルへ渡り、義経の子孫であるチンギスハーンが日本国へ復讐の念もあったのか海を渡り攻め込んだろ、と企んで日本海を渡ろうとしたところ、日本では日蓮上人ちゅう坊さんがこれを知ってせっせと拝むと偶然台風が起こり、モンゴルの軍隊が波に浚われ引き返し、この台風を当時の日本人は「神風」と名付けた、ちゅう伝説があるのだが、僕は義経はたぶんモンゴルには渡らず、ひっそりと静かにここら辺りで余生を過ごしたんでないかしらん、と思っている。るるんぶ。

f0070077_15282767.jpg

昔はもっと派手な岩場がごつごつあって、人の出入りを拒絶しているかのような、人間に媚を売らないような、そんなびくともしない大自然の無骨さがあり、車などで行く場合には非常に走りにくく、素人ならば図に乗ってすすきので風俗遊びをするようななめた気分で出かけると死にかねないくらいの細い道路がくねくねと剥き出しの岩場に向かって「ごめんなさいね、ほんと」などとぺこぺこしながら拵えたような感じであったのだが、久しぶりに訪れると道路はちゃっかり整備されており、道の駅みたいなのも出来ており、何となく、子供の頃によく行った近所の駄菓子屋が数年経ってラブホテルに成り変ってしまった時のような淋しさを感じたのである。

夕日が落ちる瞬間は美しい。海面に斜陽が滲んでいる。
義経もこの夕日を見たのだろうか。
この景色だけはいつまでも変わらないで欲しいものである。
[PR]
by hasumaro | 2007-08-21 16:08 | photo
パリの色子
f0070077_11184848.jpg

「噂のパリジェンヌ」というフランスの焼酎である。フランスにも焼酎が存在するということを初めて知ったチャイルドな僕である。味はというと、言わぬが花、喋らぬがあはん、何も考えるな、ただあなたは、このようにして、焼酎というものを呑むことが出来るだけでこれ、幸いなのだ、だから決して味わうのではなく、この、焼酎を呑む、という行為そのものを願わくば楽しむべきなのだ、そう、重要なのは味ではない、このように焼酎を呑める、という行為そのものがすでに幸福なのだ、中身ではない、ただ、あなたがこうして生きていることが重要なのだ、というようなことを訴えかけてくるような味である。
[PR]
by hasumaro | 2007-02-02 11:32 | photo
肝硬変
f0070077_1556114.jpg
ワイン、シャンパン、テキーラ、マイヤーズ、タンカレー、チンザノ、芋焼酎、泡盛、バーボン、ビール、そして蓮麿。
我が家のバーコーナーである。決して僕の肝臓の中身ではない。
[PR]
by hasumaro | 2006-09-22 16:08 | photo
盆菓子
f0070077_10415415.jpg
何ともいえぬ色彩に満ちた物体である。このような外観にすることを誰が提案し、そして誰が了承したのだろう。実に謎である。深海魚のようではないか。これを仏前に供え、坊主が気にも止めずに経を唱えるのである。こんなに目立つ姿をしているのにもかかわらず、ともすれば少々珍妙な姿であるにもかかわらず、坊主はまるで気にしないのである。坊主というのは盆菓子を見ても動揺しないために日々修行をしているのだと僕は推測する。
[PR]
by hasumaro | 2006-09-06 10:53 | photo



爆発する愛と欲の言葉達
by hasumaro
カテゴリ
全体
プロローグ
エッセイ

photo
repo

Link
tom waits
yohji yamamoto
nickey
nikorush
harakiri culture
bossa
larsen
以前の記事
2018年 02月
2017年 10月
2016年 12月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
検索
その他のジャンル
ファン